2018年5月25日 (金)

記者会見に乱入した72歳のお婆ちゃん江

記者会見に乱入した72歳のお婆ちゃん江戸っ子の一問一答が記事になってるのいくらなんでも面白すぎない?

カラスは人間の顔を覚えることができ、仲

カラスは人間の顔を覚えることができ、仲間に危害を加えたものには仕返しにくるらしい。

マンゴー

プレートランチ用のデザートはレアチーズケーキ(マンゴー入り)です。

今週のプレートランチのおかず3品は、にんじんしりしり、ゴーヤー入りキッシュ、もずく酢です。ご飯はタコライスでーす。
本日のケーキ
黒糖ロールケーキ、ガトーショコラ、ベイクドチーズケーキ、バナナパイ、季節のショートケーキです。
ご来店お待ちしています()

日々これ口実(5/24)


全休日→Asagaya/Loft-A、今日一日の歩数
6003歩
朝食→ 抜き
昼食→ ぶっかけうどん&いなり寿司(ファミリーマート)
夕食→ うしじまいい肉カレー&厚切りベーコンの炙り焼き&ウーロンハイ&ポテトフライ
運勢:八白/小吉/怠け心を出すと痛ましい結果に。勇み足になりそうなら深呼吸を
※『うしじまいい肉カレー&ゲス人生相談ナイト9』
うしじまいい肉イベント、いつ以来だろう?
随分とご無沙汰でしたが、今回はゲストも吉田豪さんと言う事で
非常に楽しみにしておりましたが、期待に違わぬ面白さ
うしじまいい肉ちやん、相変わらずの鋭い斬れ味
吉田豪さん、相変わらずのノラリクラリで自分の事は殆ど話さない
リリーフランキーさんとの人生相談とはある意味真逆、心も身体もスカッとする小気味よさ
そして駅前の西友で買い込んだ黒毛和牛をふんだんに使った特別メニュー、“うしじまいい肉カレー”も大変美味しゅう御座いました!!

今日はタップダンスの日

今日はタップダンスの日。
不器用な私にはタップダンスはできませんが、これを考案した人は誰でしょうか。
タップダンスでショーが楽しくなります。
タップダンス、踊れる?
本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

女子の常識って言われてもにふりまわされるが日本を変える

健康食品というカテゴリーに定まった定義はなくて、通常は体調の維持や向上、あるいは健康管理等の意図があって取り入れられ、それらの結果が見込まれる食品の名前です。
基本的に栄養というものは、私たちが食べたものを消化、吸収によって私たちの体の中に摂り入れられ、分解、そして合成を通してヒトの成長や日の暮らしに欠かせない人間の身体の成分に変容されたもののことを言うらしいです。
血液の流れを良くし、身体自体をアルカリ性にすることで素早い疲労回復のためにも、クエン酸を含有する食べ物をわずかでも効果があるので、常に食べ続けることが健康でいるための決め手と聞きました。
身体の内部の組織というものには蛋白質と、それに加えて、蛋白質が解体されてできるアミノ酸、蛋白質などの栄養素を製造するためのアミノ酸が含まれているのです。
フレーバーティーのように心を落ち着かせる効果があるお茶も効果があります。不快なことによって起きた不安定な気持ちを解消させて、気分を安定させることもできるという嬉しいストレスの発散法と言われています
ビジネス上での不祥事、そこで生じたフラストレーションなどは、明白に自分自身でわかる急性のストレスでしょう。自身ではわからない重くはない疲れやプレッシャーによるものは、慢性的ストレスだそうです。
便秘に困っている日本人はたくさんいます。概して女の人が抱えやすいと言われていますよね。懐妊してから、病気になってしまってから、減量してから、などそこに至る経緯はいろいろとあるでしょう。
タンパク質は元来、内臓や筋肉、そして皮膚に至るまで行きわたっていて、健康保持や肌ケアなどに機能を貢献しているらしいです。いまではさまざまなサプリメントや加工食品として販売されていると言われています。
黒い乳首おすすめ美容液
女の人が望みがちなのは、美容目的でサプリメントを常用するというものです。現実的にも美容の効果にサプリメントはいろんな役目などを果たしているに違いないと見られています。
面倒だから健康のために栄養を考え抜いた食事の時間など持てるはずがないという人だっているのかもしれない。しかしながら、疲労回復を促進するには栄養補充は絶対だ。
便秘を治すにはいろんな方策が存在しています。便秘薬を使用する人が少なからずいると推測されています。とはいえ便秘薬という薬には副作用が起こり得ることを予備知識としてもっていなければいけません。
安定しない社会は将来的な心配という相当なストレス源を増やし、世間の人の暮らしを不安定にしてしまう原因となっているかもしれない。
身体の疲労は、普通はエネルギー源が充分ない際に解消できないものと言われており、バランスに優れた食事でエネルギーを充足する手段が、かなり疲労回復にはおススメです。
ルテインは身体内部で合成困難な物質で、歳を重ねると減っていきます。通常の食品以外では栄養補助食品を活用するなどの方法でも老化の防止を助けることができるはずです。
疲労を感じる理由は代謝が正常でなくなることから。これに対し、質が良くてエネルギーへと変化しやすい炭水化物を摂取してみてください。さっさと疲労を取り除くことが可能らしいです。

句碑

門前で市の郷土史研究会の会長さんと出会った。
我が家の前の道は、会長さんのお家への通り道故、年数回はお会いする。
市報あまがさきで報じられていたが、最後の尼崎藩藩主の業績の発表の内容をお聞きした。
私の質問は、尼崎藩領の境界を示す藩界石の書体が均一なので、
その石屋は誰か分かっているのかというもの。

今に続く渡辺姓の石工が営業しているとか。

今から市内に残る文学碑を調査するが、
近松のものは、市内の女子大内に近松の研究所がある、契沖については研究者はいるが、
句碑については適当な人がいない。貴方私のことはどうですかとも。

今朝まで気づかなかったが、去年ワイフが買った百合が咲いていた

植え替えも肥料もやっていない。

こちらは丁寧に冬越しさせたもの。
例年ならポットに挿し穂しているが、株数が増えても管理しきれないので今年はまだ放置。

これももらい物。株分けだが少し根が付いていた。

これは冬を越したパセリ
いずれも玄関前に配置

鈴の音して玄関に礼者かな豊長みのる
玄関に日の差してゐる女正月宮津昭彦
赤壁の寺の玄関花蘇鉄井上たか女
葉牡丹を大玄関に用始め小川真砂二
玄関のまつくらがりに竹落葉中岡毅雄
木下闇玄関杏いろに灯す黒田杏子
玄関に出でたる蟇を叱りけり岡井省二
玄関の大きくくらく蚊帳問屋小澤實
玄関に蟇の来てゐし良夜かな原裕王城句帖
玄関の雪に赤青鉄亜鈴田川飛旅子使徒の眼
玄関に風邪を置き去り風の神阿部みどり女石蕗
玄関に風の訪れ寝正月阿部みどり女月下美人
玄関に蟇のきてゐる星祭大木あまり火球
玄関のドアうしろ手に閉めて冬三宅桂
子の留守の玄関に立つ捕虫網石丸泰子
玄関に風の訪れ寝正月阿部みどり女
松葉牡丹玄関勉強腹這ひに中村草田男
北国や玄関にもある置炬燵中田秋平
寒き灯の大玄関はやや明かく中村汀女
松葉牡丹玄関勉強腹這ひに中村草田男
玄関で足袋はきかへし礼者かな大場白水郎
玄関に鶏卵生む淑気かな小谷舜花
自動車と蔦の月夜や玄関は杞陽
玄関に大きな鏡室の花山田閏子
秋晴の玄関手紙来てをらず上崎暮潮
玄関にコパカバーナの夏の海保田白帆子
玄関にまづあらはれし竈馬かな岸本尚毅舜
玄関の鏡に空や雛まつり藺草慶子
玄関を開けしままなる菊手入依光陽子
ととせまへ玄関に秋服の君田中裕明先生から手紙
玄関に立てば廊下の夏の闇中田剛珠樹以後
玄関に帽子をあづけ菊膾藤田あけ烏赤松
玄関を濡らしてゆきぬ蜆売藤田あけ烏赤松
しぐれ来し三千院の玄関かな田中王城
玄関や樗花咲く医三代渡辺香墨
玄関に日の差してゐる女正月宮津昭彦
立冬の玄関灯すみかん色町田しげき
玄関の一隅に書架鏡餅関森勝夫
虫残る玄関近く寝るわれに田村了咲
玄関につけてある灯の夜長かな道芝久保田万太郎
玄関脇に藁囲ひせる芭蕉哉寺田寅彦
神主の玄関廣き寒さ哉寺田寅彦
敷砂や玄関脇に残る雪寺田寅彦
木犀に玄関遠きともし哉会津八一
玄関の鉄の格子や羽蟻飛ぶ会津八一
暮れてくる玄関にゐて処暑なるや金田咲子
つやつやひれあざみうちの玄関だ北原白秋
新社員待つ玄関の観葉樹大島民郎
玄関を水で流して冬田打つ中拓夫
玄関は最上階よ鳳仙花山田弘子
玄関に風の又三郎のマント辻桃子
玄関に架けし十字架(クルス)や冬館辻桃子
茎石が廃めし旅館の玄関に辻桃子
凸柑実玄関も縁側も本棚有瀧井孝作
玄関に日の差してゐる女正月宮津昭彦
玄関にて御傘と申時雨哉炭太祇太祇句選
はるかぜや玄関番の蝿一つ永田耕衣葱室
玄関の梟の額にまづ年賀加藤楸邨
松葉牡丹玄関勉強腹這ひに中村草田男
玄関に出て人を待つ夜の柳絮京極杞陽
葉牡丹に大玄関をひらきもし京極杞陽

2018年5月24日 (木)

古代の「蛮族」ゲルマン軍、数倍規模か、定説覆す発見>!<これは戦闘が終わった後の『メモリーワーク(共有の記憶を創る行為)』と>

古代の「蛮族」ゲルマン軍、数倍規模か、定説覆す発見
5/24(木) 7:14配信

ナショナル ジオグラフィック日本版
古代の「蛮族」ゲルマン軍、数倍規模か、定説覆す発見
4人のゲルマン人戦士の骨盤骨が、木の枝に串刺しになった状態で発見された。(IMAGE: PETER JENSEN, ARCHAEOLOGICAL IT, AARHUS UNIVERSITY AND MOESGAARD MUSEUM.)

デンマークの湖に鉄器時代の大量の人骨、戦闘後に儀式? ローマ戦以前

 デンマークの広い湿地帯で発見された2000年前の人骨から、北欧における「蛮族」ゲルマン人の戦闘に関する定説を覆す事実が浮かび上がってきた。5月21日付けの「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表されたこの論文ではまた、ゲルマン人が自分たちの戦闘を記念するために儀式を行っていたという独自の解釈が披露されている。
ギャラリー:史上最大規模、子ども140人の集団生贄を発見 写真15点
.

調査チームは何を発見したのか

 デンマーク、ユトランド半島のモスー湖畔の広大な湿地にあるアルケン・エンゲ遺跡から、少なくとも82人分の骨に相当する計2095個の人骨および骨の欠片が発掘された。科学的な調査の結果は、大半が若い成人男性であり、その全員が紀元1世紀に起こったある戦いによって命を落としたことを示唆している。治癒しないまま残された骨の傷や発見された武器からは、彼らが戦闘中に倒れたことがわかる。
 調査チームは、75万平方メートルにおよぶ湿地全体を調べたわけではない。だが、これまでに発掘された骨の分布状況を元に、約2000年前に、380人以上の人々が湖畔の泥水の中に埋葬されたと推測している。
.

この発見はなぜ重要?

 今回の発見は、鉄器時代の欧州に存在した軍の規模を大幅に拡大するものだ。
 ゲルマニア地方の「荒々しく残酷な」「蛮族」については、ローマ人が多くの記述を残している。とはいえ、ゲルマン人の戦闘能力に関して、詳しいことはほとんどわかっていない。ドイツにある数少ない既知の古戦場(「トイトブルク森の戦い」の地の周辺が代表例)には、保存状態のよい遺物はないに等しく、ゲルマン人軍隊が実際にはどれほどの規模で、どのように組織されていたのかは多くの謎に包まれている。
 新たな論文によると、軍隊の規模は数百人からなるという。これは、鉄器時代における現地の村の人口をはるかに超えている。これほど多人数の戦闘集団を維持するには、遠方から兵を補充して組織化し、統率する技術が必要だったはずだという。
 米プリンストン大学の考古学者で、『蛮族』の著者であるピーター・ボウグッスキー氏は、鉄器時代のスカンジナビア南部におけるゲルマン人軍隊の規模は、従来は約80人とされてきたと語る。これはヨートスプリング遺跡で発見された、儀式の供物だった武器の数が、80人規模の軍を支えられる程度だったという事実に基いて推測されたものだ。
「もし論文の推測が正しいなら、今回見つかった軍はそれよりも数倍も大きかったことになります」とボウグッスキー氏は言う。なお、氏は今回の研究には関与していない。
.
次ページは:動物に噛まれた傷跡も
動物に噛まれた傷跡も

 さらに興味深いのはここからだ。発見された人骨の多くには動物に噛まれた傷跡がある。この傷は、すぐに湿地に沈められたのではなく、どこか他の場所に半年から1年ほど放置された遺体から見つかる傷とよく似ている。また、他の地域から持ち込まれた石と一緒に、意図的な配置に並べられている骨もあった。なかには、木の枝に串刺しにされた4人分の骨盤骨の欠片もあった。
 こうした事実を基に、研究者らは、人骨はどこか他の戦場で、ある程度の時間をおいて回収され、儀式的に泥の中に埋められたのではないかと推測している。一方で、遺跡の南部からは、人骨を探しているだけでは容易に見落としてしまいそうなほど、極めて小さな骨が数多く見つかっている。この論文の共著者であり、デンマークのオーフス大学の考古学者、またモスゴー博物館館長でもあるマッツ・ケーラー・ホルスト氏はこれについて、調査チームが「実際の古戦場のすぐ近くまで迫っているかもしれない」証拠ではないかと述べている。
 北欧では数千年前から、儀式や祭式において沼や浅い湖が重要な役割を果たしてきた。この点を踏まえ、ボウグッスキー氏は、戦場の遺体をしばらく放置した後で引き上げて泥の中に埋葬するというのは、勝者が自らの功績を記念するために行った行為だろうと推測している。
「これは戦闘が終わった後の『メモリーワーク(共有の記憶を創る行為)』と言えるものです。彼らはあえてこのできごとに関する集合的記憶を創り出そうとしているのです」とボウグッスキー氏は言う。
.

殺されたのは誰なのか

 紀元1世紀、ローマ軍は欧州のほぼ全域でゲルマン人と戦っていたが、スカンジナビア南部まで北上したことはなかった。今回の調査においても、ローマ人の関わりを示す直接的な証拠は発見されていない。
「(骨に残された)外傷は、軍備が整ったゲルマン軍との戦闘によって負うとされる傷ともよく一致します」とホルスト氏は言う。
「これは蛮族同士の戦いでした」と、ボウグッスキー氏も同意する。2000年前のこの地における軍事組織や、ゲルマン軍同士の戦闘の規模に、スカンジナビアの南部にまで侵入したローマ人の影響があるとは必ずしも言えないと氏は主張する。
「これは現地で起こった戦闘であり、この土地で先史時代から続く、地域の民族間に起こる戦闘のパターンを引き継いでいます。単に戦闘集団が徐々に大きくなり、武器もまた破壊力を増していったということなのでしょう」
.
文=KRISTIN ROMEY/訳=北村京子
【関連記事】
【動画】本当にあった! 湖の底で3000年前の要塞を発見、トルコ
2600年前の顔復元、鉄器時代の少女
遠方より来たる“泥炭地のミイラ”
中世ドイツの謎の変形頭蓋骨、異民族の花嫁だった
8000年前の謎の杭刺し頭骨を発見、定説覆す

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180524-00010000-nknatiogeo-sctcht

q

サトシのピカチュウの特性ってどっちだっ

サトシのピカチュウの特性ってどっちだっけ静電気だった気がするけど静電気だったらエレキネットでアニメでも麻痺になる使用だろうから使えないね。多分フィールドにエレキネット仕掛けてそこ踏んだら相手麻痺になるとかの設定じゃないかな

ただ駆け抜けるのみ

とりあえず、先日のピンチな状況を改善すべく、まじめに対応中です。
久々に集中して対応したおかげで、こちらの作業は何となく、見えてきました。
とはいえ、面倒事は、まだまだたくさん残っているので、今週中は、頑張らねば。
ふぅ…

«巨人は、吉川光投手が4回途中でノックア